会則

稲門空手会会則

第 1 章  総 則

第 1 条 (名 称)

本会は、稲門空手会と称する。

第 2 条 (目 的)

本会は、会員相互の親睦と早稲田大学空手部の発展を目指して必要な後援活動を行なうことを目的とする。

第 3 条 (事務局・事務所)

本会は事務局を早稲田大学空手部内に置く。
但し、連絡を円滑にするため本会の事務所を別に定めることができる。

第 2 章 会 員

第 4 条 (会 員)
  1. 本会は、会員をもって構成する。
  2. 会員とは、早稲田大学空手部部員として卒業した者、並びに総会において会員と認められた者とする。
    「総会において会員として認められた者」については、付則(1)に定める。
  3. 会員として著しく不適当と認められた者については、総会の決議により除名することができる。
第 5 条 (会 費)

本会の会計は会費及び寄付金をもって充てる。
会員は本会の定める会費を納入する。

第 3 章 機 関

第 6 条 (組 織)

本会には次の役員並びに事務局を置く。

1.役 員

(イ)会 長 1名
(ロ)副 会 長 2~3名
(ハ)監 査 役 1~2名

2.事務局

(イ)事務局長 1名
(ロ)事務局次長 1~3名
(ハ)事務局幹事 若干名

第 7 条 (会 長)

会長は、本会を代表し会務を統括する。

第 8 条 (副会長)

副会長は、会長を補佐し必要に応じて会長の職務を代行する。

第 9 条 (監査役)

監査役は本会の会計を監査する。

第 10 条(役員会)
  1. 役員会は、会長、副会長、監査役にて構成する。
  2. 役員会は会長が議長となり、本会の運営・会務の執行等に必要な事項を決定する。
第 11 条(事務局)
  1. 事務局の人員は役員会において選出する。
  2. 事務局は総会及び役員会において決定された事項、並びに総会、役員会及び会長からの委任事項を実施する。
第 12 条 (役員の選出及び任期)
  1. 会長は、会員中より総会の決議により選出し、その任期は一期2年とするが、再任することができる。
    ただし、やむを得ない事情があるときは継続して3期まで選出することができる。
  2. 役員は、会長が会員中より指名した者の中から、総会の決議により選出し、その任期は一期2年とするが、再任することができる。ただし、やむを得ない事情があるときは継続して3期まで選出することができる。
第 13 条 (地区稲門空手会)
  1. 本会に関西稲門空手会、九州稲門空手会を置く。
  2. 新たに地区稲門空手会を置く場合は総会の承認を得るものとする。
第 14 条 (その他の組織)
  1. 本会に昇段審査委員会を置く。
  2. その他必要に応じて技術研究会あるいは業務執行のための委員会を設けることが出来る。
  3. 本会に顧問を置く。顧問は必要に応じて最高顧問会議を開き、役員会に提言するものとする。
    詳細については、付則(2)に定める。
  4. 本会に参与を置く。詳細については、付則(3)に定める。
第 15 条 (総 会)

総会は年1回、必要により臨時に、それぞれ会長の招集によって開催し、会長がその議長となる。
ただし、総会員数の10分の1に当たる会員が総会の招集を求めた時は、会長は総会を招集しなければならない。

第 16 条 (決 議)

総会の議事は、出席会員の過半数をもって決するものとし、賛否同数のときは議長がこれを決する。
第 4 章 会 計

第 17 条 (会 計)

本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。
本会の予算案並びに決算は定時総会において報告し、その承認を受けなければならない。
第 5 章 そ の 他

第 18 条 (慶弔)

会員に慶弔があった場合は、本会として慶弔の意を表することとし、その詳細は慶弔規程で定める。

第 19 条(表彰)
  1. 本会は、本会の発展に寄与し、功労のあった者を役員会の決議により表彰する。
  2. 表彰は表彰状または感謝状を授与して行い、記念品を贈呈する。
第 20 条(会則の改定)

本会則の改正は、総会の決議による。

以 上

付則(1) 総会において会員として認められた者」は次のように定める。

<1>一般空手部員
1.一般空手部員についての決裁手順
  • ①会員候補者を推挙する場合
    稲門空手会の会員3名以上の推薦人により「会員候補者」を所定の書式にて役員会に提出する。
  • ②役員会の決定
    役員会はこの推挙をうけて、会員として承認を受けるよう総会に議案を提出するか、又は却下するかを決議する。
  • ③総会の承認
    役員会より会員として承認を受けるよう総会に議案の提出があった場合は、総会において会員として承認するかどうかを会則に基づき決議する。
  • ④総会において認められた稲門空手会員
    総会にて承認を得たものを稲門空手会会員とする。
2.一般空手部員の資格要件
  • ①早稲田大学空手部で一定期間以上稽古をし、空手部、稲門空手会に敬愛の念を持っていること。
  • ②早稲田大学を卒業しており、しかも社会的にも、人格的にも優れていること。
  • ③会員相互の親睦と早稲田大学空手部の発展を目指して必要な後援活動を行なう意志を有していること。
  • ④会費等支払義務の履行を行うことを確約していること。
  • ⑤早稲田大学空手部在籍中及び現在に至るまで会員として認める特筆たるものを持っていること。
<2>留学生空手部員
1.留学生空手部員についての決裁手順

留学生部員の決裁手順は一般空手部員に準じるが、前提条件として、
空手部在籍当時の監督の推薦を必要前提条件とする。
監督推薦状には当時の主将及びその他稲門空手会の会員2名以上の推薦状を所定の書式にて合わせて
役員会に提出する。

2.留学生空手部員の資格要件
  • ①早稲田大学空手部で一年間以上在籍し、真摯な態度で稽古に取組み、一定の成果を得て、模範的な部員であったこと。
  • ②早稲田大学・大学院に留学中に規定の単位を取得し、且つ留学元の大学・大学院を卒業していること。
  • ③人格、見識とも優れ、且つ、社会的基盤を持ち合せ空手部、稲門空手会に敬愛の念を持っていること。
  • ④会員相互の親睦と早稲田大学空手部の発展を目指して必要な後援活動を行う意志を持っていること。
  • ⑤会費支払等の義務の履行を確約していること。

付則(2)顧問の設置

  1. 稲門空手会に顧問を置く。
  2. 顧問は会長・副会長経験者並びに当会に顕著な功労のある会員より選出する。
  3. 顧問は役員会において指名し、会長が委嘱する。
  4. 顧問は必要に応じて最高顧問会議を開き、役員会に提言する。
  5. 顧問の任期は役員の任期に準ずる。

付則(3)参与の設置

  1. 稲門空手会に参与を置く。
  2. 参与は当会に功労のある会員より選出する。
  3. 参与は役員会において指名し、会長が委嘱する。
  4. 参与は本会の運営、事務について協力を行い、役員会の要請があれば必要に応じて適切な提言を役員会にする。
  5. 参与の任期は役員の任期に準ずる。

付則(4)施行

本会則は、平成9年7月1日より施行する。
本会則は、平成26年5月24日より改正、施行する。

稲門空手会 慶弔規程

第1条 (規程の趣旨)

本規程は、会員の慶弔に際し、本会として慶弔の意を表することに関する事項を定める。

第2条 (慶弔時の届出)

会員は本規程に該当する慶弔があったときは、速やかに本人または代理人から本会事務局に連絡するものとする。

第3条 (結婚)

会員が結婚するときは祝電を打電し、慶意を表す。

第4条 (死亡)

会員が死亡したときは下記の定めに従って弔意を表す。

  • ① 会員 :弔電
  • ② 本会役員・役員経験者 :弔電、供花、香典
  • ③ 地方稲門空手会役員・役員経験者:弔電、供花、香典
  • ④ 歴代空手部部長及び監督 :弔電、供花、香典

第5条 (特例)

前条に関わらず、本会および早稲田大学空手部に多大なる貢献をした会員及び
特別の関係にある者の慶弔については、その都度、会長・事務局長協議の上、
前例その他の状況を勘案して会長が定める措置を行う。

付則
本規程は平成26年5月24日より施行する。

ページ上部へ戻る